2017/18インターナショナル・ウールマーク・プライズ アジア地区大会 シックス・リーとカイがファイナリストに選出

ファッションニュース

- シェア -

韓国ソウルで開催された2017/18インターナショナル・ウールマーク・プライズ アジア地区大会で、メンズウェア部門では香港のSixLee(シックス・リー)、ウィメンズウェア部門では韓国のKYE(カイ)がそれぞれ優勝を飾った。

ジュン・ジー(Juun. J、クリエイティブ・ディレクター)、向千鶴(WWDジャパン編集長)、ヘジュ・リー(Wマガジン韓国版編集長)、ファキョン・チョン(ブーン・ザ・ショップ、新世界副社長)からなる審査委員会は、シックス・リーとカイを勝者として選出した。

「遊牧民のジェントルマン」というテーマにインスピレーションを得たマルチレイヤーの作品で臨んだシックス・リーは、メリノウールをオールシーズンの素材として紹介した。

「1950年代の男性用下着、つまり白いニット生地に着想を得ました。そしてそれを、ケニアのマサイ族の衣装に影響を受けたタータンチェックと対比させたのです」とデザイナーのシックス・リーは語った。「マサイ族の衣装では、チェック柄の素材を何枚も巻きつけているのがよく見られます。結果として、1年を通じて、現代的かつ機能的に着ることのできる、現代のジェントルマンのための服ができました」

「シックス・リーはそのコレクションで優れた一貫性を示しています」と説明するのはジュン・ジー。「彼のブランドはしばらく前から知っていますが、今回特に気に入ったのはこのニットの下着です。抑制された上品さがあります。チェックジャケットの青色も気に入りました。仕立てた作品も美しく仕上がっています」

「今年のアジア大会のノミニーは全員、非常に個性的なウールの解釈を見せてくれました」ファキョン・チョンもまた、シックス・リーのデザインに非常に感銘を受けた。「ニットインナーと仕立てた部分との対比がとてもいいです。それに加え、青のボマージャケットが現代的なテイストを与えています。シックス・リーはクリエイティブ性と商業性を兼ね備え、現代的なスタイルの中に伝統的な要素がバランス良く融合しています。このカラーとスタイルは、アジアだけでなく世界的に受け入れられるでしょう」

頭から足元まで鮮やかなピンクを使ったカイの優勝作品は、ストリートウェアのスタイルに着想を得たものだ。デザイナーのキャサリン・カイはそれを「粗野なシック (vulgar chic)」と呼んでいる。

「大胆な色彩とアンティーク調のディテールを使って、流行に敏感な若い世代のために何かを作りたかったのです。フリンジの縁に水洗いしか使わなかったという事実は述べておく価値があると思います。化学薬品を使用せず、環境に配慮しています」

「カイの服は一見シンプルに見えるかもしれませんが、よく見ると、若い世代にアピールするために多くの努力をしたことが分かります」と、ヘジュ・リーは言う。「色使いから最後の仕上げまで、あらゆる点に多くの思考を費やしています。彼女のインスピレーションやブランドのストーリーを聞くのは本当に楽しかったです」

ファキョン・チョンが補足する。「作品は本当にカジュアルで着やすく、ファッショナブルです。間違いなく人気を得るでしょう。ダイナミックでエネルギッシュなスタイルは、ウールと若い消費者を確実につなげてくれると思います」

アジアで最も将来を嘱望されるファッションデザイナーから選ばれた2人の勝者は、70,000豪ドルの賞金に加え、栄誉あるインターナショナル・ファイナル大会への出場権を得た。さらに、2人は世界中のエキスパートのメンターサポートを受けるほか、ウールマーク・ライセンスも付与される。

受賞デザイナーはメリノウールを使用したカプセルコレクションを今後6~7ヶ月間に製作し、ファイナル大会で発表する。ファイナル大会では世界中から選ばれたメンズウェア部門とウィメンズウェア部門のファイナリスト各6人が一堂に会し、その才能を披露する。

ファイナル大会のメンズウェア部門、ウィメンズウェア部門の各部門優勝者には、業界のメンターサポートに加え、材料調達やコレクションのマーケティング支援金としてさらに200,000豪ドルが授与される。また、更に今回は、イノベーション・アワードの受賞者1名も選出も決定。受賞者は、ウールマーク・プライズの提携するインターナショナル・リテールパートナー・ネットワークを通じて自身のコレクションを販売することも可能となる。このリテールパートナー・ネットワークには、ブーンザショップ(韓国)、ブティックワン(UAE)、デビッド・ジョーンズ(オーストラリア)、デバイエンコルフ(アムステルダム)、ハーヴェイ・ニコルズ(英国)、ハドソン・ベイ・カンパニー(トロント)、レクレルール(パリ)、Mytheresa.com、ORDRE、SSENSE.COMなどが参加している。

本年の地域大会では、MAC、トニーアンドガイ、ORDRE.comによるメイクアップサポートを頂いております。幅広い分野で活躍するアーティストのジョナサン・ザワダ氏に依頼した各地域大会で使用するトロフィーやプレートは素晴らしい仕上がりとなった。

2017/18インターナショナル・ウールマーク・プライズ アジア地区大会 参加ノミニー
メンズウェア部門:

  • BMUET(TE) /ビムウィエ(韓国代表)
  • PRONOUNCE /プロナウンス(中華圏代表)
  • SIXLEE/シックスリー (香港代表)
  • STAFFONLY /スタッフオンリー(中国代表)
  • ROGGYKEI/ロギーケイ(日本代表)

ウィメンズウェア部門:

  • KYE/カイ (韓国代表)
  • SHUSHU/シュシュトン (中国代表)
  • PEGGY HARTANTO /ペギー・ハータント (インドネシア代表)
  • YUIMA NAKAZATO/ユイマナカザト(日本代表)

こちらもおすすめ